「ハンドクラップダンス」でおうちで運動不足解消を!

お役立ち情報

昨年の半ばに人気が出た「ハンドクラップダンス」が外出自粛時の今、再び注目されています。

「ハンドクラップダンス」とは

韓国人ユーチューバーのJoshさんとBamuiさんがYouTubeで公開しているエクササイズです。アメリカのバンドFitz and the Tantrumsの「HandClap」という曲にのせて踊っています。1回の動画は3分でしかも踊りやすいことからお子さんと一緒に踊れるのでぜひ家の中での運動の一つに取り入れてみてはいかがですか?

おすすめな点

  • 3分という短い時間なのであっという間に終わります。
  • 踊りが簡単なので、子どもと一緒に踊れます。
  • 全身運動の途中に呼吸を整える部分もあるので、動きっぱなしという印象はないです。
  • 激しく踊れる人は、カロリーを消費できます。

実際にやってみた

子どもと一緒に3分間一生懸命踊ってみました。
右手と左足、左手と右足、次は後ろで、というように最初はしどろもどろになりますが、すぐに慣れてきました。ほかに、天を突くような踊りや、頭の上から斜めに下に手をたたきながら降りていくというような簡単な動きなので、小さい子も楽しく踊れました。3分でも疲れますが、3分を3セットから始めました。キャッチフレーズの ”2週間で10キロやせる” というのは実際は長い時間、真剣に踊らないと厳しいようですが、自粛期間中におうちの中で体を動かし、運動不足を解消しリフレッシュできたと思います。なにしろ動きが簡単で、子どもと一緒に踊れたことが何より楽しかったです。音楽もノリノリになる曲で頭に残ります。無理のない範囲でお試しください。踊る前の準備運動をお忘れなく。

他の方のバージョンも

スポンサーリンク

コメント